敢えてハローワークを使わない求人先

ハローワークの特徴の1つとして、求人側(病院や企業など)も求職側(看護師)もともに無料で使えるというものがあります。例えば、民間で行っている求人誌でも求人広告でも、求人側は何らかに費用を支払うことで求人を掲載するのですが、ハローワークに関しては求人側も無料で使えるのです。

「それなら、どの求人先もハローワークを使えば無料で求人を集められるのに」と思いますよね。しかし実際は、すべての病院、すべての企業がハローワークを使うわけではありません。むしろ敢えてハローワークを避ける場合もあるのです。

その理由はいくつかありますが、大きな理由としては「時間対効果が悪いこと」があります。要は、手間をかけた割に欲しい人材が集まりにくい、と言うものです。求人側としては、看護師なら誰でもよいということは少なく、ある一定のスキルや能力を持った看護師を必要としています。

ハローワークに求人を掲載することで多くの看護師の応募が来ることがありますが、求人側にとって必要なスキルを持った看護師が応募してこなければそれは無意味です。それならば、多少費用は掛かっても、必要な人材が集まりやすい民間の求人サイト等を利用しようということになるのです。

逆に、欲しい人材がすぐに集まりやすいのが民間の転職支援サービスを利用した求人です。転職支援サービスは間にコーディネータ(キャリアコンサルタント)が介在するので、求人側と看護師側の要求をうまくマッチングさせて求人を紹介してくれます。これは看護師側から見ると、希望の条件に沿った求人が見つかりやすいということも言えます。

転職するにあたって、希望の条件があるのなら、一度キャリアコンサルタントと話をしてみると良いでしょう。

»キャリアコンサルタントと一度話をしてみるならコチラ«