精神科で働くのに向いている看護師

精神科で働くのに、向いている看護師はどんなタイプの人でしょうか。

まず、観察力と幅広い知識が必要です。
精神科の患者の症状は様々ですし、症状が色々と合わさっている患者もいます。
そのため、看護師に知識と柔軟な思考があれば、そうした患者さんにも対応できます。

また、精神科の患者さんと接する際には、自分の価値観を押し付けない事も必要です。
色々な人の思考を受け入れる心の余裕がいります。
どうしてこの人はこうなんだろう?など考え込んでしまう看護師は疲れてしまいます。

自分自身のストレスにも、上手に対処できる看護師が精神科に向いているかもしれません。
頑張りすぎてしまったり、悩みを抱えてしまうと良くありません。
悩みすぎない、深く考えすぎない事が大切です。

そうしないと、患者さんに引っ張られてしまう可能性があります。
患者さんの心のケアをするには、自分自身の余裕を持っている事が必要です。
仕事の時には、集中する事がもちろん大事ですが、休む時にはしっかり休むようにしましょう。

あと、精神科独特の業務として患者さんの精神が不安定となることがあります。
精神科に来ている患者さんなので当たり前と言えば当たり前なのですが、
そのために患者さんが抑えが利かなくなって暴れだすこともあります。

患者さんから暴力を受けるということで女性んとっては少々きつい職場であることもあるので
事前に職場の状況を把握してから転職をするようにすることが大切です。