精神科で働く看護師の仕事内容

精神科で働く看護師は、どんな仕事をしているんでしょうか。

主な仕事は、薬の管理になります。
患者さんに、指示通りに薬を服用してもらえるようにします。
当たり前のような気もしますが、精神科で務める看護師には大切な仕事です。

病気によって、そうした事が難しくなるからです。
服用したくない、という患者さんや薬を溜めこんでしまう患者さんも。

そのため、患者さんとの良い関係を築くことが必要です。
精神科の医療業務をこなしながらも、患者さんの心のケアにも気を遣います。
患者さんに寄り添うことで、個々の状態を把握することができます。
一人一人とのコミュニケーションを取りましょう。

処置や点滴が全くない、というわけではありません。
一般病棟よりは少ないですが、投薬などが注射の場合もあります。
一般病棟で求められるのと、同じようなスキルが求められます。

あと精神科といっても患者さんの症状によって対応は様々です。
比較的軽度な症状の患者さんであればコミュニケーションが取れやすいのですが、
重度の症状の患者さんだとコミュニケーションがとりづらい場合もあります。
さらに患者さんの方でも精神的に不安定であるので細心の注意が必要です。

初めて精神科で働く看護師はこのあたりの状況にギャップを感じることがあるようです。

専門的な知識なども得られますし、看護師として一度は経験してみるといいかもしれません。